2018年11月10日土曜日

【日本史】孝謙・称徳天皇陵について!

日本史コラム


関連する前回
https://exp0stargalaxy.blogspot.com/2018/08/ixa_27.html
キャラ絵小話! 煕子さん編







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


産経新聞11月2日の記事、「悠久の天皇陵」という記事を読みました。 今回は、この話題を・・・。









☝・・・記事のタイトルは「巡拝 悠久の天皇陵(17)孝謙・称徳陵」。 さっそくその記事をみなさんにも見てもらいましょう。


・・・と思ってネットを探したのですが、なんてこったい、どこにも見当たりませんでした・・・ネットにアップされない記事だったのですね。 orz














「巡拝 悠久の天皇陵」というシリーズの要旨は、天皇陵の場所やそれにまつわるエピソードを紹介するといったもので、「巡拝」をタイトルに冠するあたりに産経新聞らしさが伺われます。 わたしはこの新聞を定期購読はしていませんが、たまたま読む機会があってこの記事が目に止まったというわけです。


記事の要点を引用すると、


・孝謙・称徳天皇陵
・陵名 高野陵(たかののみささぎ)
・規模 全長約127メートルの前方後円墳
・所在地 奈良市山稜町


『・・・不安定な情勢の中、神護景雲3年(769)に宇佐八幡宮信託事件が起こる。 ・・・やがて天皇は翌年、病気のため8月4日に崩御。 続日本紀によれば、ただちに山稜造営が始まり、17日に添下郡佐貴郷の高野山稜に埋葬された。 現陵は前方後円墳で5世紀後半の築造とみられている。 古い古墳を、陵として利用したのだろうか。 (客員論説員 渡部裕明氏)』







以上がこの記事の孝謙・称徳天皇陵の文章の抜粋ですが、多くの人はこの記事を読んで、


「ふーん、そうなのね」 (`・ω・´)


これ以上でも、以下でもない感想を持つかと思います。 しかし、栃木県を出身としていて、郷土史にも関心があるわたしとしては、注目すべき点があったのです。







それは、論説員の方が文章の終わりに投げかけた、ふんわりとした疑問である。


『現陵は前方後円墳で5世紀後半の築造とみられている。 古い古墳を、陵として利用したのだろうか。 (客員論説員 渡部裕明氏)』


その意図をわたし流にくみ取ると、


「『高野陵(たかののみささぎ)』は孝謙・称徳天皇の陵とされているが、実際は5世紀後半の時代であろう古墳であり、科学的な見地に立てば、これが称徳天皇の陵とは認めがたく、続日本紀の記述は信用できない」・・・とも受け取ることができるだろう。







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


このようなことをブログで発言すると、もしかすると、陵を巡拝している人が怒ってクレームを入れてくるかもしれない。 でも、もう少し話を聞いて下さい。


わたしの出身は栃木県であると先ほど言いましたが、その栃木県には「孝謙・称徳天皇の陵がある」と、非公式に、在野でそう言われているのです。







☆グーグルマップより


☝・・・それが、栃木県石橋町にある、「孝謙天皇神社」だ。


とはいえ、とつぜん「栃木県に孝謙・称徳天皇の陵がある」と言われても、多くの人は俄かには信じられないことでしょう。 人によっては噴飯するかもしれません。 w


「何でもかんでもオラが地元に有名人を持ってくるなよ・・・」


「これだから、田舎は・・・w」


などと思う人が多数なのではないでしょうか^^; 実際、わたしもそのような意見を以前には持っていました。







しかし、さきほどの記事を読み、順を追ってみれば、孝謙・称徳天皇が下野の国に葬られたという伝承・ストーリーには、一定の信ぴょう性を感じます。


まず、なぜ奈良時代の天皇という高貴な身分の人物が、下野の国という草深い田舎に陵を作らなければならなかったのかというと、孝謙・称徳天皇とただならぬ関係であったといわれた、道鏡がその地にいたからだ。 道鏡は「宇佐八幡宮信託事件」によって失脚、のちに下野国(いまの栃木県)に左遷させられている。


なお、当時の下野の国は「日本三戒壇」のひとつ、下野薬師寺が所在する地方であった。 この時代、僧侶を志望する者は戒壇寺院で修業をし、度牒・・・その資格を得なければ認められない。 僧侶とは国家公認制の時代であったのだ。


(栃木県出身者としても意外ですが)、下野国は東日本を管轄する仏教の地方中心地だったらしく、そんな地方のセンターに道鏡は長官就任の名目で左遷させられたのです。







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


「宇佐八幡宮信託事件」は、今もなお謎が多い事件だとされている。 ・・・わたしは、この事件は天平時代における、重大な政変だったと思う。


「初代天皇といえば神武天皇」・・・こんにちの世間ではそういわれていますが、実際に「天皇」と初めて称したのは天武天皇であったし、宇佐八幡宮信託事件が起きた時点では、「称号としての天皇」の伝統は100年に満たなかった。 そのような背景のもと、孝謙・称徳天皇は「天皇の地位」を初めて非皇族者に譲ろうとしたワケだ。


その当時の我が国は、仏教勢力がにわかに権力を強めていた時期のようで、寺院勢力が中心となって道鏡を応援したのだろう。 それに対して、神社(神道系)と筆頭貴族・藤原氏は白壁王(のちの光仁天皇)を応援し、我が国を二分して暗闘が繰り広げられたのだ。


・・・その争いで武力が衝突したという記録は見当たらない。 しかし、粛清の嵐が吹き荒れたようで、多くの人物が流刑などに処され、都から追放されている。


そのようななか、やがて「孝謙・称徳天皇が死去」し、キーパーソンを失った道鏡側が敗北、白壁王側が勝利することとなる。 こうして、今日までにつづく我が国の皇統は守られたというワケだ。


歴史にもしもは存在しない、という格言がありますが、仮に道鏡側が勝利したならば、日本仏教の首席にあたる者が「法王 兼 天皇」となり、それは新たな伝統として、のちの日本の歴史に大きな影響を与えたハズである。 こう考えると、この事件は日本史のターニングポイント未遂だったと言えるだろう。


「法皇(太上法皇)」は平安時代の中期、宇多上皇がはじめて名乗ったと言われていますが、「治天の君」+「法(仏法)の世界にも君臨」というアイデアは、宇多上皇をさかのぼること100年以上昔の、道鏡事件をヒントにしているかもしれませんね。







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


道鏡への愛情が過ぎた女帝が判断を誤り、「宇佐八幡宮信託事件」という皇統に関わる一大事件を引き起こした。 その企ては社稷の臣らにより、「現天皇の幽閉」という非常事態の対応をもって阻止される。 しかし、難しいのは以後の処遇だ。 このまま都に居られては体制を覆される恐れが充分にあったが、かといって天皇を殺すということはさすがに憚られた。


結局、厳重な監視付きで遠方に流罪が妥当だろう、という案に落ち着き、孝謙・称徳天皇はすべての権力をはく奪され、無力ないち女性として、道鏡とともに東国の果て・みちのくの境である下野の国へと流された。


同時に、藤原氏は「天皇の病死」を発表し、白壁王の正当な即位を宣言。 それとともに先の天皇の陵を急ぎ造営(自作自演)し、盛大な葬儀を行ったと記録に書かせて国家の体裁を整えた。 また、道鏡は巨根であり、女帝はそれによって惑わされた暗君だとデマを流し、政変の正当性を暗に主張した。


勝者は敗者をおとしめ、敗者は口をつぐまされるーーーいつの時代も(こんにちでさえも)、これが事実ではなかろうか。 こうして、歴史書の作文が「事実」とすり替えられたーーー。


このようなことがあったかもしれませんね。







☆『戦国コレクション』より、姫化した道鏡








「高野陵(たかののみささぎ)」。 ふつうに考えて、既存の古墳に天皇が追葬されるということなど、ありえないことでしょう。 墳墓の主は、あくまでも元の埋葬者だからだ。 それがたとえ、皇統に重大な危機をもたらした女帝だとしても。


それゆえに、わたしは郷土の伝承にある、「孝謙・称徳天皇が晩年に下野の国に下向してきて、愛する道鏡とともに最期のひと時を共に過ごした」という説に信ぴょう性を感じてしまうのです。







わたしは基本的に戦国時代を最も好んでいますが、奈良時代もこれはこれで、藤原氏の仕掛けた謎のベールが分厚くミステリアスで、それゆえに興味深いと思ってしまいますね。
(*´ω`)


と、いうことで今回の日本史コラムはこのあたりでお開きデス!


(つづく)


※この文章は、ブログ主の見解です。




☆お知らせ☆
ブログランキングに参加しています。 クリックをして応援よろしくお願いします!
('◇')ゞ



日本史ランキング

2018年11月4日日曜日

【戦国ixa】秋くじ、販売される!(2018年度)(ワールド4)

ixaコラム:経験0からのIXA!




関連する前回
https://exp0stargalaxy.blogspot.com/2018/10/ixa.html
同盟陣いべんとうぃーく、開催される!


(・ω・)(・ω・)(・ω・)




☝・・・そういえば、「同盟の陣いべんとうぃーく!」のキャンペーン中に「秋くじ」が販売されましたよね。 ちょっと賞味期限が切れかかった話ですが、他に良い話題もないことから、今回はこの話をー。









☝・・・「秋くじ」。 運営さんのナイスな気遣いで、最近「金」がザクザク配布されたってこともあって、ふだんは課金をしない友人たちも、この時ばかりはこぞって引いていましたねえ。


と、いうことで、わたしも引いていきましょう。







まずは一枚目!




☝・・・☆3ランクアップ素材 & ちえ!


☆3ランクアップ素材は素直に嬉しいデス!
(^ω^)







つづいて2日目!




☝・・・☆1特、「戦巧者」の渡辺さんと ☆5えちご!


☆1特は残念ですが・・・☆5えちごは来期の序盤で重宝しそうですね。
(^ω^)







つづいて3日目!




☝・・・☆3ランクアップ素材! & ちえ!


うしうし、☆3ランクアップ素材はありがたいのデス! ・・・これが微課金の現状w







4日目ー!




☝・・・☆1新野さん & ☆2えちご・・・。


残念ながら、この日はハズレですね (´・ω・`)







最終日! 5日目ー!




☝・・・☆1支倉さんと、☆3隠し玉!


くじは微妙なものでしたが、オマケで救われましたね。 いや~、隠し玉って、思うようには出ないものなんですねえ @@;







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


と! いうことで、今回の秋くじは「配布金」の恩恵もあって、なかなか楽しいものとなりましたね。


くじ運の悪い私は、今回の秋くじも当然のごとく高レアリティを引き当てることはできませんでしたが・・・orz、友人の中には期間限定の天・立花誾千代さんなどを引いている方もいたりして、夢があるなぁ、と感じました。


このくじ運の差・・・、「アカウントごとにくじの排出確率が違う」というオカルト説を、にわかに信じたくなってしまいます @@;







また、以前私は、秋くじのことを 劣化銀くじ ・・・などと言ったことがありましたが、それは大きな間違いでした。 「秋くじ」は、オマケの出現確率がまず違うんですね、こんなことも知りませんでしたぁ・・・ゴメンなさい。
m(__)m







(・ω・)(・ω・)(・ω・)




☝・・・さてさて、わたしはこのイベント際、影城主から排出したランクアップ素材を、せっせと本城主へと譲与w


え、枠がもったいないって?


・・・まぁ、いいんでないの?w 今のところ、私の影城主は本体以上にくじ運悪いですし、orz、来期また課金して影を継続するかどうかも疑問形だという、そんな考えなんですからー! w


と、いうことで、譲与枚数をわずか2枚残して、残りはこの時に使ってしまいました。 (当然、「祝くじ」から排出された天もボッシュート済みデスw)









☝・・・ランクアップ合成、成功確率100%キャンペーン・・・。


ものすごく、助かりました!


運営さん、またよろしく頼んます!
('◇')ゞ


(つづく)




☆お知らせ☆
ブログランキングに参加しています。 クリックをして応援よろしくおねがいします!
('◇')ゞ



戦国IXA(イクサ)ランキング



『戦国ixa』
© 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ほか、

記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。

2018年10月27日土曜日

【随筆】コンビニと、コンビニコーヒーとお月見と



つい先日の夜、わたしはコンビニに入ってコンビニコーヒーを買い求めた。 ・・・コンビニっていいですよね、雑誌を立ち読みすることもできるし、軽食を買うことができてとても便利です。 そして、何よりもコーヒー(コンビニコーヒー)が美味しい。


わたしはどちらかといえばアイスコーヒーの方が好きだけれども、10月下旬の夜ともなると、顔に当たる風はひんやりと冷たく、ホットのコーヒーでなきゃ美味しさは感じられない。


わたしはいつものようにコーヒーを買って店を出、それをすすりながら住宅街をしばし歩いていた。 そこは地方都市、そして夜なので辺りは基本的に仄暗い。 やがてしばらく歩いた先に、わたしは建物と建物の合間から明かりが差し込んでいることに気が付いたのだ。







はじめは、その明かりが月明かりであることは解らなかった。 何かの照明かな? そう思ってしまうほどの明るさがそこにはあった。 やがて近づいてみてみれば、それは満月の光であった。 月影が鮮やかに地面に映し出される、それほどの明るさだった。


「なんだ、月明かりかぁ・・・」 そう思って歩みを進めようとしたところ、わたしはそれを二度見してしまったのだ。







それは、あまりにも美しい月だった。 まず、黄色味を帯びた輝ける満月。 そしてその満月を取り囲むように、ある規則性をもってたなびく雲塊。


それはまさに「月に雲紋」であった。 日本古来からある雲紋と月の構図を、そのまま実写化したかのような光景だったのだ。 あるいはそれは、真珠とそれを包み込む、あこや貝の身、とでも例えられようか。


しかもその光景は、偶然居合わせた、住宅地の合間にできた空地空間と重なって「額縁効果」となり、まるで一枚の大きな写真パネルのように目の前に現れたのだった。


そのあまりの美しさに、わたしはただただ、呆けたようにそれらをじっと眺めていた。






1分ちょっとだろうか? 雲の形はたちまちに乱れ崩れて、あとには何の変哲もない、普通の満月と雲とが、いつものようにただ空に浮かんでいるだけであった。


「うーん! 一瞬やけにキレイな月だったけれど・・・今となっては、なんだか狐か狸にバカにされたような気がするね!」


手に取ったコーヒーのカップは、まだ充分に温かい。 秋は月見の季節ともいうけれども、確かにそうかもしれないね。 少なくとも私は、秋の月が持つその神秘的な美しさを、この目で確かに垣間見た。 そう証言したい。


(つづく)




☆お知らせ☆
ブログランキングに参加しています。 クリックをして応援よろしくおねがいします!
('◇')ゞ



芸術・人文ランキング

2018年10月25日木曜日

【戦国IXA】同盟の陣いべんとうぃーく、開催される!(ワールド4)

ixaコラム:経験0からのIXA!









関連する前回
https://exp0stargalaxy.blogspot.com/2018/09/ixa_30.html
「プラチナチケット」イベント、開催される!


(・ω・)(・ω・)(・ω・)


みなさん こんにちは&こんばんは! ここ最近の日常がちょい忙しくなり、ブログ更新が滞りがちなブログ主です^^;









☝・・・そういえば、運営さんの粋な計らいで「配布金」がちょくちょく配布されて、そこそこ貯まってきましたね! それなので、そのぶん課金くじを引いてみようと思いました。 今回は、この話をー。







(・ω・)(・ω・)(・ω・)






☝・・・「戦国IXA8周年記念 同盟の陣いべんとうぃーく」のキャンペーンが少し前の先日から始まりましたよね。 そしてキタキタ、課金くじのディスカウント!


せっかくなので、このキャンペーンを機に、配布金をある程度消費しちゃいましょう! お金って・・・ため込んでいるだけでは何の役にも立ちませんからねぇ。 ましてや「金」には期限があって、いつかは使わなきゃ、ですから・・・。


引くのは「金くじ」、そしてその お予算は金2000、5枚ほどってことでー!


・・・それじゃあ お願いします!
(`・ω・´)つ!









☝・・・おお、いきなり光ったぁ!


どきどき・・・









☝・・・むむっ・・・光った詐欺かぁ・・・。


残念極の磯野さん、ですねえ・・・ (´・ω・`)







続いていきましょう!









☝・・・ぐぬう・・・


先ほどレアリティ・極だったので、その反動かな・・・次、いってみましょう!









☝・・・(`・ω・´)・・・。


気を取り直して、いざ次へー。









☝・・・オイオイ・・・









☝・・・ちょっとー! ちょっとちょっとー!(ザ・たっち風)

( ;∀;)














( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)


と!いうことで、せっかく貰った配布金・2000分でしたが、 OH,NO! なんてこったい、ハズレ極・磯野さん1枚は出たものの、


オマケなし!


ランクアップ素材なし!


の、ないないづくしでしたねえ・・・。
( ;∀;)


うーん、運営さん、ぶっちゃけ 絞っています?w


・・・え、そんなことはない? お前の運が悪いだけだよ、ですか・・・ww


まぁ、もともとは配布された金であって、わたしの財布がダメージを受けたわけではなんらありませんが・・・この残念な気持ちは、なんて言ったらいいのでしょうw


ぐやじいいいー! ww
( ;∀;)














・・・ふぅ、ちょっと発狂することでわたしの精神は少し落ち着きました。w


今回の金くじ5枚引きは、ふだん課金くじを引くことのない自分にとっては、なかなか貴重な体験となりましたね。(わたしはキホン位階課金のみの微課金者です。) 特に、金くじ5枚で「極選ポイント」が9000貰えたことは一つの発見でした。


このペースが標準的なものだとすれば、定額の3万ポイントまでには、トータル金くじ20枚ほどで「極選くじ」が引けるということになりそうですね。


(つづく)




☆お知らせ☆
ブログランキングに参加しています。 クリックをして応援よろしくおねがいします!
('◇')ゞ



戦国IXA(イクサ)ランキング




『戦国ixa』
© 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ほか、

記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。

2018年9月30日日曜日

【戦国ixa】「プラチナチケット」イベント、開催される!(ワールド4)

ixaコラム:経験0からのIXA!




関連する前回
http://exp0stargalaxy.blogspot.com/2018/09/ixa_29.html
「天廻争乱」の大殿について、好き勝手に駄弁ってみる!


(・ω・)(・ω・)(・ω・)






☝・・・そういえば先日、「戦国IXA生誕記念祭!」の一環ということで「プラチナチケット」が手に入るイベントがありましたよね。 今回は、この話を・・・。







(・ω・)(・ω・)(・ω・)




☝・・・てゆうか!


プラチナチケットの内容が判明すると、にわかに私と仲間たちはざわつきましたねw


だって、まさかの「絵師・正子公也さんカード限定」だったのデスから・・・!


たしかに、事前の案内では「プラチナ」という表示はありましたが、絵師・正子さんカード限定だとは考えが及ばず・・・w







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


のっけからですが、ここで少し脱線話を差し込もうかな。


プラチナチケが正子さんカード限定だと判明した前後に、仲間とチャットでの交流で分かったのですが、絵師・正子さんのことを知っている人がいる一方で、知らない方もけっこういたようです。


・・・それに対して、わたしが絵師・正子公也さんのことを知ったのは、随分と昔のことになる。









☝・・・わたしが『信長の野望』シリーズのファンでもあることは折々に公言していますが、個人的に初めてコーエーの歴史ゲーム(それもPCゲームだった)に触れたころに手を取った、『信長の野望 覇王伝 武将ファイル』というゲームファンブックに、正子さんのイラストは髄所に掲載されていた。


そのとき、イラストを描いた正子さんの名前をハッキリと記憶することはありませんでしたが、その本に掲載された鮮烈な色使いをする絵師さんの絵は、当時の自分(10代半ばだったかな?)にもハッキリと「キレイな絵だな・・・」という印象を与えた。


ネットでその本の値段を調べてみると、定価2580円(当時の税込)とあって、ファンブックにしては意外と値が張ることに改めて驚いたが、ネット・wikiが無い時代のゲームファンはこういったモノにしっかりとお金を払っていたのだ。 わたしも確か最寄りの書店で、新書で購入したハズだ。


今日ではゲームの攻略情報・関連情報にキホンお金は支払いませんが、その代わりにゲーム中にある「ガチャ」という、際限のない集金システムもまた無かった。


1990年代と2020年を目前にした今を比較しても仕方がありませんが、ゲーム文化というものも、当時と今ではすっかり様変わりしてしまったですねえ。
(*´ω`)











☝・・・たしか、そのファンブックには、この2枚のイラストはカラーで確実に載っていたハズだ。 それ以外にも、モノクロのページにたくさんの正子さんイラストは挿絵として掲載されていた。






☝・・・この2枚(あるいはそれ以上)の絵も、細部は変わったものの、ほぼ同じ構図の絵を正子さんは先ほどの本に提供されていた。


はっきりしたソースは示せませんが、たしかコーエーのゼネラルプロデューサー・シブサワ・コウ氏と正子さんは、親交があったのだと思う。


なので、正子さんカードがスクエニ社の『ixa』に採用されたときは 「えー! コーエー専属じゃないのかぁ!」 などと思ったものだ。


昨今流行りのオンゲのキャラ絵の権利(著作権)は、ゲーム会社に所属するのが一般的であるとわたしは認識していますが、正子さんの絵に関しては、正子さんとスクエニ社との間で″特別な取り決め”がされているのかもしれませんね。


正子さんの書かれるイラストは、ここ『ixa』以外では歴史をテーマにした書籍・雑誌などでちらほら見かけることがあるので、気になった方はそれらをチェックしてみるのも良い時間の使い方だと思う。







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


脱線話から戻りましょう。


「プラチナチケ」イベントは人気を集めたせいか、この時の合戦は重かったですねえ・・・
@@;


「午前中でもないと、ろくなターゲットが無い」という現状もあって、アクセスが午前10~11時頃に集中したのだと思います。









☝・・・とはいえ! アクティブなプレイヤーであるなら、プラチナチケットのノルマ:攻p1万獲得、は有って無いようなものでしたね。 やる気のある人はこのチケットをほぼ貰えたのではないでしょうか。


ただ、影城主の方はちょい面倒でした・・・わたしは影城主をまともに育ててはいなかったので・・・^^;







(・ω・)(・ω・)(・ω・)


では、もらったプラチナチケットを引いていきましょう。


お願いします!
(`・ω・´)つ!
















☝・・・(`・ω・´)・・・。





☝・・・うーんw 使えないことは無いですが、スペック的にちょっと型落ちの印象がぬぐえない、そんなカードですねえ @@;







オマケで、影城主はというと、









☝・・・(`・ω・´)・・・。


イラストが美麗だからといって、使えるレベルのカードじゃねえどー!w


(補足・・・「プラチナ」という冠を被ったカードが、無課金で排出されるカードの足元に及ばない・・・。 それくらいスキルインフレが進んでいる現状に対して、運営への批判デス!)









(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)


最後に! 今回配布された正子さんカードは、さっそく取引所に出品されていましたね。


なかでも、





☝・・・「中入り」の池田さん! 500万銅銭のカンストで!










☝・・・「双鞭驃騎兵」の相馬さん! 150万銅銭オーバーで!










☝・・・「山王一実神道」の南光坊天海さん、100万銅銭オーバーで!










☝・・・「七難八苦の誓」の山中さん、100万銅銭オーバーで!







などと、わたしがパラ見した限りでは、いくつかの正子さんプラチナカードは高値を付けていたようですね。


今回のプラチナチケット配布で、満足のゆくカードを手に入れられた人たち・・・裏山なのデス!


(つづく)



☆お知らせ☆
ブログランキングに参加しています。 クリックをして応援よろしくおねがいします!
('◇')ゞ



戦国IXA(イクサ)ランキング





『戦国ixa』
© 2010-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ほか、

記載されている会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。